中途採用者インタビュー

意欲と興味の先に、スキルの上達が存在する意欲と興味の先に、スキルの上達が存在する
金融システム事業部 リーダー(2014年入社)

金融システム事業部 リーダー(2014年入社)

Q.1
JIECへ転職を決めたキッカケは何ですか?

前回の会社でもプロジェクトのリーダーとして業務を行っていたのですが、JIECと比べると小規模な人数で多くのプロジェクトを進行していたこともあり、チーム体制を維持していくことに追われていました。そこで、経営基盤が安定していて、チームのメンバーを束ねるリーダーとしても、作業や提案が積極的にできる環境で働きたいと思い、転職を考えたのです。中でもJIECは、研修や教育制度も充実していたので、そうした環境の中で技術者や管理者としてもスキルアップが図れる可能性を感じました。また、採用面接時に面接官や人事の方はもちろんなのですが、今の直属の上司が「今のあなたのスキルだったら、こういうことができるよ」と、具体的なプロジェクトを提示しながら説明してくださり、自分のために時間と労力を割いてくださる熱心さに惹かれて、JIECへ入社を決めました。

Q.2
JIECへ入社したからこそ、
成長したと感じることは何ですか?

JIECへ入社後、担当プロジェクトのオンライン開発領域を他社から引きつぐという仕事を任されました。そこでは、オンライン開発の設計から開発、結合テスト、リリースまでの各作業手順のノウハウをチームメンバーへ伝える役割を担当していたのですが、前職では学ぶことのできなかった知識や業務内容をイチから習得し、チーム全体をまとめた経験はとても刺激になりましたね。業務はもちろんそれだけではなく、自身の開発作業も並行して進めていたので、作業スケジュールの調整や他のメンバーの状況確認、作業のフォローに苦労したときはありました。しかし、IT業界で幅広く仕事がしたいという自分の希望が叶っている、という喜びの方が強かったですね。僕の働きかけにより、チーム全体の作業の推進に繋げることが出来たときは充実感を感じ、自分自身の成長へと繋がったと感じました。

Q.3
これからJIECやIT業界へ転職を
考えている人へ、アドバイスをお願いします。

JIECでは、早い段階で実践的な業務に取り組むことができるのと同時に、研修などでしっかりとフォローしてくれるので、SEとしての能力を着実に高めていくことができます。そのため、自分自身で意欲的に取り組んでいけば、ITの知識や技術がさらに身についていきますよ。SEとしての今後のステップアップを考えている方は、今の自分の興味や熱意を大切にしながら、ぜひJIECへ飛び込んできてほしいですね。

積極的に挑戦させる社風が、一人ひとりの力を伸ばしていく積極的に挑戦させる社風が、一人ひとりの力を伸ばしていく
基盤エンジニアリング事業部(2014年入社)

基盤エンジニアリング事業部(2014年入社)

Q.1
JIECへ転職を決めたキッカケは何ですか?

私は以前、すでに構築されているITシステムを安定稼働させることを目的とした、運用保守専門の会社に勤めていました。運用保守という仕事は、もちろんシステムの基盤を支える重要な仕事であり、やりがいもある業務内容だったのですが、今後のキャリアを見つめ直したとき、ゼロからイチを作り出せるシステム開発やプログラミングの構築ができるようなSEになりたいと思ったのです。そこで転職することを決めて何社か受けたのですが、特にJIECは既存のITシステムに頼るだけではなく、自社での開発製品を作るなどの挑戦をしつづけているということが魅力だと感じました。また、自分がやりたいと思っていたシステム基盤構築の部分を、要件定義から取り組めるということを面談のときに伺い、入社を決意しました。

Q.2
JIECへ入社して、
キャリアアップに繋がったと感じますか?

前の会社に勤めていた中で特に印象深い業務内容は、仮想化に対応するストレージの営業推進に任命されたこと。当時は仮想化が一般的に知られ、世の中に普及されていったところだったのですが、そこで前任の方の知識を吸収できたり、ITベンダーの方と一緒に仕事を行う機会を与えられたことで、SEの楽しさを見出すことができたのです。今では前職同様、システム運用に強い部署へ配属となったのですが、それまでの経験が基礎になっていると今でも感じますね。ただ、JIECではシステム運用だけを行うだけではなく、運用方針を自ら考えて決定したり、要件定義や納期、コストの調整をお客様と話し合いながら進めていきます。そのため、これまで以上に幅広い経験を積みながら、応用力を身につけることができているので、自分が思い描いていたキャリアアップへの道が形になってきていることを感じますね。

Q.3
ご自身が感じる、JIECの魅力は何ですか?

JIECはいい意味で、上から言われたことをそのままやるようなトップダウン形態ではなく、積極的に社員にチャレンジをさせてくれる会社だと感じています。実務以外でも、社内勉強会の遂行や事業部会の司会進行、さらに新入社員向けの合宿へ先輩社員代表として参加もさせていただき、他の会社では経験できないような貴重な経験をさせてもらっていますね。そういった中で個人的には、これまで以上に深く考える力が養えたと感じています。たとえば新入社員向けの合宿で、後輩から課題解決のための相談などを受けた際「問題のパターンにはこういうものがあって、その問題は今後こういう影響を招くから、今回の課題の解決策にはこれが必要だ」と、瞬時に掘り下げた意見を述べられる自分になったと実感したときは、JIECに入ったからこそ力が蓄えられたのだと思いました。これらの経験を活かし、今後も自身のモチベーション、人間力、そして実務の向上を目指して励んでいきたいです。